HOME>注目記事>保証内容は会社ごとに違っていますので注意が必要です

頼もしいパートナー

real estate

賃貸経営をしていくのであれば、賃貸保証会社を使うことは最近では自然な事となりました。残念ながら、他人や他社に物件を貸しても必ずしも賃料をきちんと払ってくれるわけではありません。家賃を払わずに出て行ってしまったり、滞納していてもその場に居座ってしまう人もいたります。こうした問題をスムーズに解決していくことは決して簡単なことではないでしょう。そこで、家賃滞納に対処するために賃貸保証会社の出番です。彼らは家賃が払われなかった際に、代わりに家賃を負担してくれます。これならば、滞納者が出てきても貸主は問題を小さくすることが出来ます。また、さらに酷い場合には裁判になってしまうケースもあります。法的な話になると一般の人ではなかなか理解が難しく、ついていけないことが多いですが、賃貸保証会社はこうしたことにも貸主に代わって対応してくれますので、不動産経営をしていくには欠かせないパートナーになっています。

サービスには違いがあります

住宅模型とお金

賃貸保証会社といっても、そのサービスは会社ごとに違っているので、契約をする際にはしっかりと確認をしていく必要があります。まず初めに保証してくれる家賃です。賃貸保証会社は必ずしも家賃の全額を保障してくれるわけではありません。会社によって何パーセントまでと決まっていますので、事前にしっかりと確認をしていく必要があります。また、賃料回収の代行も行っていますので、回収のためにどのぐらい動いてくれるのか確認をしておくと安心です。他にも賃貸経営をしていくに当たって発生するトラブル、例えば、裁判の際にはどのぐらいのサポートが得られるのかや、退去後に残された私物である残置物を片付けてくれるのかは会社ごとに違ってきます。

広告募集中